フリースクールとは

|不登校とは?

平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果では「不登校」は次のように定義されています。

年度間に連続又は断続して30日以上欠席した児童生徒のうち、何らかの心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により,児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にある者(ただし,「病気」や「経済的理由」による者を除く。)をいう。

|フリースクールとは?

フリースクールについて文部科学省のサイトでは次のように説明されています。

一般に、不登校の子供に対し、学習活動、教育相談、体験活動などの活動を行っている民間の施設を言います。

近年、不登校状態にある児童の数が増加傾向にあるので国としても「学校に戻す」ことをゴールとせず、「個々の不登校児童生徒の状況に応じた必要な支援が行われるようにすること」が法律で定められています。

しかし、フリースクールの意義は「不登校になってしまったから行く」という消極的な意義だけではありません。NPO法人全国フリースクールネットワークさんが以下の動画で解説してくださっていますが、要点を取り上げると次の点が特徴として上げられると思います。


- フリースクールの特徴 -

1、子どもたち自身の興味関心に合わせてカリキュラムが作られている
2、子どもたちが学校運営に当事者として参画できる
3、子どもたちだけでなく、地域や保護者、スタッフが共に支え合い運営している

|フリースクールの可能性

- 子ども時代の ”余白” の価値 -

フリースクールには”余白”がもつ価値を届けることができます。学校のカリキュラムは『一人一人の子ども』に合わせたものではなく、『全ての子ども』の学ぶ権利を保証するためのものです。だからどうしても集団で一斉に授業をするスタイルになり、「できる子」と「できない子」に分かれていきます。

しかし、フリースクールには様々な事情を抱えた子どもたちがくるので、『一人一人の子ども』に合わせざるを得ないところがあります。そして、そこにフリースクールの価値があります。学校のように知識を学ぶ機会を取り入れつつ、”余白”を生かした学びの場づくりができれば、子どもたちの能動的な学びになります。

具体的には、その子自身が考えや感じを尊重し、好奇心が向かう方向が見えてくるのを「待つ」関わり方です。子どもたちは一人の人間として様々なことを考え、感じ、気づきます。そこには一見無駄に見えるような遊びの時間や横になってゆっくりしている時間を見守ることも必要です。

好奇心の芽生にはある種の「自然」な状態を必要とします。好奇心は内的な動機なので誰かが作ってあげるものではありません。その内的なものがありのままの出てくるために時間的な”余白”が必要です。だからこそ「待つ」ことが必要なのです。

一方である程度「人為」的に知識やきっかけを届けることも必要です。それは子どもたちには経験していないことを私たち大人が知っていることがあるからです。経験したことがないために出会うことができないことは時間の損失です。だからこそ、適切な機会の提供とその機会を子どもたち自身が「自然」に利用できる状態をつくっていきたいところです。

そして、それがフリースクールにはできると思います。その”余白”を確保する時間を持っているからです。その学びのスタイルをイメージにすると次の図のような感じです。

フリースクールでは基本的に決まったカリキュラムはないの左側の時間は子どもたちが興味関心を持つテーマで新しい世界を見つけられるような手助けの機会です。子どもたちが関心を示したテーマや大人たちが子どもたちに面白さを伝えられるテーマがいいでしょう。ただ、集団での生活が苦手な子どもたちや決められたことを学ぶことが難しい子どもたちにとってはそれでも難しいかもしれません。その場合はどこまでも個別に付き合っていく根気が試されるものと思います。

そして、右側の時間は左側で気づいたことや得られたきっかけを元に自分自身で探索していきます。出来事や現象に疑問を持つことや仮説を元に実験してみることなどが考えられます。もし、左の時間で食糧の問題について扱ったとしたら、余った食材の有効利用や生ゴミの有効活用などについて調べたくなる子どもたちが出てくるかもしれません。

こうした出来事に取り組むためには繰り返しになりますが、”余白”が必要です。フリースクールという自由な時間を精一杯活用して、子どもたちの探究心を磨いていくような機会を作っていきたいですね。

今日、学校に行くことに疑問を持つ子どもたちが一定数います。そして、学校で学ぶ内容に疑問を持つ子どもたちもいます。もしかしたら、学校にはもう少しだけ右側の時間が必要なのかもしれません。それは自分自身の学びのために与えられた”余白”を思いっきり使う時間です。やるべきことや学ぶべきことを手放して自分自身の心に従えるような時間を子どもたちは求めているのかもしれません。せめて、フリースクールではそのような時間で満たされていることを願います。

私たちもフリースクールを運営する者として、子どもたち一人一人の可能性を引き出せる運営を目指していきます。

|結び

いかがでしたでしょうか?

フリースクールには様々な歴史があります。ここで紹介したのは極一部ですし、フリースクールではないですが、オルタナティブスクールという枠組みも合ったりします。もし、ご興味を持たれた方はこれを機に色々と調べてみることをお勧めいたします。少ない知識で恐縮ですが、以下に今後の検索のヒントを載せておきます。ぜひ、あなたの”余白”で探求学習をしてみてください。

- 検索のヒント -

#オルタナティブスクール
#デモクラティックスクール / サドベリースクール
#デューイスクール
#フィンランド 教育
#イエナプラン
#シュタイナー教育
#フレネ教育


私たちのフリースクール の特徴は以下のボタンからチェックしていただけます。是非こちらもご覧ください。