小さいながらも、確かに進むこと

「ころころ」がまさに静かにコロコロと動き始めています。

小山さんと荒川さんの人柄に惹かれ、素朴に「うまくいってほしいな」と思っていたところ、「ファミころ(親の会)」へお誘いがあり、参加して参りました。


子のない私ですが、お茶出しくらいはお役に立てるか、と。


初対面の方もおられ、ちょっと緊張した面持ちで会はゆっくりスタート。夕方とはいえ、外はまだジリジリとお日さまが照り付けてはいましたが、不思議と気持ちは涼やか。参加者の方が、ご自身の打ち明けにくい部分をサラリと打ち明けてくれたことで、部屋の中にスゥーっと風が通り抜けた感じがしたのです。


印象的だった方。


お子さんの不登校をきっかけに、たくさん勉強され、自分自身がどうあるべきか、ご自身に向き合っておられました。真摯に取り組むその姿にグッときました。時折、マスクを外し、お茶を飲み、お菓子をみんなで食べました。お互い、ホンワカ表情が丸くなるのを感じ合いました。心配事そのものは変わりなくそこにありますが、そこにあることを、皆で確認し合いました。


「いいヒントをもらった!」


そんな表情で眼がキラリと光る場面もありました。私もその場にいさせてもらい、感じたことを話し、自分自身の整理が少し進みました。


参加された方全員に小さな前進があったことを願っています。

自由な学校 ころころ 豊中市のフリースクール

「自由な学校 ころころ」は豊中市(曽根、服部天神)にある、小学生~中学生までを対象としたフリースクールです。不登校や生きづらさを抱えた子どもたちが、その繊細な感受性を大切にしながら成長できる場所を目指しています。北摂、大阪市を中心に、お困りのご本人・親御様はまずはお気軽にご相談ください。不登校支援、引きこもり支援など支援機関の連携も歓迎しています。

0コメント

  • 1000 / 1000